男の人

骨粗鬆症はサプリメントで防ごう|丈夫な骨を作るなら

眼精疲労を改善する

フルーツ

ブルーベリーが注目されている理由は、眼精疲労を回復する効果があるからです。天然の色素である、アントシアニンがサポートしてくれます。ブルーベリーは目に良いですが、食べるとなると、1日30粒以上食べる必要がある事を理解しておきましょう。サプリであれば、効率よく摂取できます。

血行を良くして体温を上昇

マグカップを持つ女性

冷え症になると、体をうまく動かすことが困難になりますし、疲れやすくなります。血行不良が原因なので、改善には血行を良くするサプリメントを飲むことが効果的です。具体的には、血液中の脂肪分を除去するEPAや、血液の塊を溶かすナットウキナーゼ、血管を広げるアルギニンなどの摂取が有効とされています。

骨密度低下の手軽な予防法

数種類のサプリ

骨形成を助ける栄養素

年を取ると背中や腰が曲がってきて身長が縮んでしまうことがあります。そのような高齢者の背骨は骨密度が低下しており、圧迫骨折の状態にあるものです。骨密度が低下して骨折しやすくなる病気のことを骨粗鬆症と言います。加齢に伴って骨の材料となる栄養分の吸収力が低下するため、高齢者ほど骨粗鬆症の発症リスクが高まるのです。骨粗鬆症予防には骨を作るための栄養素を十分に摂取すると共に、吸収を助ける栄養素も欠かせません。人間の骨はたんぱく質を分解して作られるコラーゲンを主要な材料としています。コラーゲンだけでは強度が足りないため、カルシウムを加えて骨を丈夫にしているのです。骨形成を助けてくれる栄養素として、カルシウムが最も重視されます。カルシウムが豊富に含まれる食品の代表は牛乳です。ただし乳糖分解酵素は成人になると減ってしまうため、子供と違って大人は牛乳からのカルシウム吸収効率が高くありません。毎日の食事でもカルシウムが不足しがちになるのです。そんな人はサプリメントを利用すれば効率よくカルシウムを補給できます。牛乳の苦手な人でも骨を丈夫にできるため、カルシウムサプリメントは年齢を問わずに人気があるのです。

カルシウムの摂り過ぎに注意

いくら骨を丈夫にしてくれるからと言っても、カルシウムを摂り過ぎるのはよくありません。必要量以上のカルシウムが血液中にたまってくると、高カルシウム血症となって吐き気や便秘などの症状が出てきます。サプリメントは毎日適量ずつ摂取することで最も高い効果を発揮するものです。骨粗鬆症を予防するためには、カルシウム以外の栄養素を補給することも欠かせません。カルシウム吸収を助ける栄養素としては、ビタミンDやマグネシウムが挙げられます。日々の食事で十分な栄養を摂取するのが理想ですが、どうしても不足しがちになるものです。カルシウムと同様にビタミンDやマグネシウムもサプリメントで補給するのが賢い方法と言えます。骨の主成分となるコラーゲンが不足しても骨密度が低下します。そのためコラーゲンを配合したサプリメントが中高年の女性を中心に人気を集めています。コラーゲンは美容にも効果が期待できますので、骨とお肌の両面から体を健康にしてくれるのです。以上のようなサプリメントを上手に使って骨を丈夫にする栄養素を補給すれば、骨粗鬆症予防にもつながります。丈夫な骨というのは、若さと健康を保つために欠かせない条件なのです。

年齢によるだるさへの対処

複数の生薬

更年期障害への対策として主流のホルモン補充療法は、患者によっては合わない場合もあります。そうした場合に備えて、次善策の選択肢として確立されているのが漢方による対処です。更年期に有効な漢方成分は複数発見されており、その得意分野も分かれています。そのため、自分に合った成分の選別が可能な利点があります。